アパレル業界広告運用事例

<業界>
アパレル
 
<広告配信対象サービス>
衣服
 
<主な活用媒体>
Google/Yahoo!/Facebook/ショッピング/DSP等
 
<本事例のコンバージョンポイント>
購入
220414-da-shopping

施策の効果

・代理店を切り替えてROAS650%→1000%に。

・平均購入単価120%向上

複数広告媒体のデータを活用し適切な予算調整をしつつ、各媒体の運用を改善した結果、ROAS650%→1000%改善、平均購入単価120%向上させることに成功しました。

da-casestudy-apparel

当初の課題

・ギャプライズ運用前は複数の広告媒体のデータを上手く活用できていなかった

・平均購入単価が低い

前の代理店の運用時には、複数の広告媒体のデータを活用した運用が上手くできていなく、平均購入単価が低いことが課題でした。

実施施策

・広告媒体間の効果計測を実施し、データを活かした運用を実施。
 
効果計測ツールを活用して各広告媒体間の効果計測をし相関関係を分析。
ショッピング広告とDSPで相関がみられたので、予算をそこに投下したことで全体のコンバージョン数の底上げに繋げられました(下図参考)
 
 
<各媒体での実施施策>
①リスティング
・獲得を安定させるために絞ったキーワードで広告配信
 
商品カテゴリの掛け合わせなどある程度ニーズがあると考えられるフレーズ一致で出稿し、まずは獲得を安定させながらもユーザーニーズの把握をしました。
 
②ショッピング広告
・一定額定額の商品は配信対象外にし、単価がより高い商品の配信
・売れているブランドやセール商品等でカテゴライズし出稿を最適化
 
コンバージョンに繋がらない商品や一定額の商品を配信対象外にし、単価がよりも高いものに配信コントロール。
また、季節に合った商品や売れているブランド、セールス対象等でカテゴライズし広告出稿を最適化しました。
 
③Facebook広告
・カタログ機能を活用。
・データ活用で効率的に潜在顧客を獲得
 
Facebook広告のカタログ機能を使用し獲得数の安定とデータ収集のため、既存会員に向けて配信。
その後、蓄積したデータを活用し潜在顧客に広告配信をしたところROASの改善にも繋げられました。

<各媒体の施策効果の相関関係を示したデータ>

da-apparel-casestudy-2

お気軽にご相談ください。

「サービス詳細を知りたい」「個別で相談をしたい」という方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

無料相談はこちら

お急ぎの方は以下リンクのカレンダーよりお打合せの候補日をご予約ください。

今すぐミーティング日程を決める

お電話でのお問い合わせはこちら
03-5989-0494
平日9:30-18:30
株式会社ギャプライズ広告担当まで。